訪問診療について

訪問診療と往診の違いって何だろう

医療は受ける場所によって

①外来医療(外来診療):病院や診療所の外来に通って受ける
②入院医療:入院して受ける
③在宅医療:患者さんの自宅などで受ける

の三つに分かれます。

在宅医療のなかで医師が患者さんの自宅などに出向いて行う診療が「往診」や「訪問診療」です。
医師が、診療上必要があると判断したとき、予定外に患者さんの自宅などに赴いて行なう診療が「往診」です。これに対して、在宅医療を行なう患者さんで、疾病や傷病のため通院が困難な方に対し、医師が、あらかじめ診療の計画を立て、患者さんの同意を得て定期的に(たとえば1週間に1回あるいは2週間に1回など)患者さんの自宅などに赴いて行なう診療が「訪問診療」です。

在宅医療は、医療関係者が、患者さんやご家族と相談の上、計画にもとづいて定期的に訪問し、治療や経過観察をする医療行為で、24時間体制で対応しています。在宅医療には、医師が訪問して診察や経過観察を行う訪問診療、看護師が訪問してケアを行う訪問看護、理学療法士や作業療法士が行う訪問リハビリテーションなどが含まれます。


在宅医療の特徴

在宅医療を検討する際には、在宅医療の特徴をよく理解し、しっかりと考えて在宅医療にするかどうかを決めることが重要です。

病院や診療所での入院医療、通院して受ける外来医療と並んで、住み慣れた自宅などに医師などの専門職が訪れて行なう在宅医療が、いわば第3の医療として注目されています。
病気になった際に、どのような医療を受けるかは、患者さん本人の選択、患者さんやご家族の心構えが重要です。
在宅医療では、住み慣れた環境で療養を行なうことになります。入院医療では、病気を治すことに集中します。もちろん、日常生活においてもさまざまな制限を伴います。
自宅などの住み慣れた環境での療養生活は、自分にあった生活を送ることができます。一人暮らしでも、ご家族がいる人も、精神的にも安定するので、症状が改善されることも期待できます。
また食事については、味になじんでいるものなので、食欲に良い影響を与えると思われます。経済的にも、在宅医療のほうが入院治療を継続するよりも安くなります。

一方、在宅医療では、ご家族と同居している場合、患者さんのご家族の協力と心構えが必要です。
”入院治療で日常のケアは看護師が行いますが、在宅医療では食事や服薬の世話まで家族がサポートしなければならないケースもあります。”※
また、緊急時の不安をできるだけ解消するための工夫も必要となります。普段からかかりつけ医と連携できる体制をしっかり整えておくことや、24時間対応の訪問看護サービスを活用して、リスクに備えることが求められます。


在宅医療への移行

①入院治療から退院後の在宅医療への移行

入院前からの状況や入院中の患者さんの状態によって、退院後の通院が困難と思われる場合は、退院時に在宅医療を考える必要があります。在宅医療に変える場合は、入院先の病院の介護相談窓口や地域連携室などが相談にのってくれます。また、在宅医療を行う際は、介護保険が必要ですので、各市区町村の介護保険の担当部署に申請も行ってください。
退院前に在宅医療の主治医やケアマネジャーを決めます。
病院から在宅への移行にあたっては、退院時に行なわれるカンファレンスなどで、医療関係者が退院後の在宅での療養上必要な説明や指導を行ないます。退院後の訪問診療を担う在宅医、訪問看護師、薬剤師、ケアマネジャーと患者さんやご家族を交えて行なう、退院時共同指導では、今後の在宅医療の進め方を共有し、チームで退院後の生活を支えていくことになります。
なお、入院していた病院は緊急時などの再入院など在宅医療の後方支援を継続することになっています。
②外来受診継続困難からの在宅医療への移行

通院している患者さんはご自身では在宅医療を希望されないことが多いのですが、医師やご家族を含めた回りの方が、患者さんの通院が困難であると判断した場合は、在宅医療を考える必要があります。
患者さんによっては、長年の先生との関係が断たれたり、病院という施設が整った場所での安心した診療が受けられないといった不安を持たれることがあると思います。しかし、在宅医療で、必要な治療を継続して受けることができます。また、様々な職種によるチーム医療によって、日常生活に則したきめ細かなケアが可能です。
在宅医療を検討するタイミングは、患者さんそれぞれの状態、環境によって異なってきますが、在宅介護サービスを利用し始める前後が在宅医療導入のタイミングの目安になります。また、薬の飲み忘れが目立ち始めたあたりも、導入のタイミングといえます。
通院されている病院の医師を通して、病院の在宅医療関連の窓口で一度ご相談ください。
③未受診状態からの病状悪化に伴う在宅医療への移行

統合失調症など精神疾患を患っている患者さんの中には、自宅で引きこもってしまい、病院への受診を拒まれることがしばしばあります。そういった患者さんは精神疾患以外の内臓疾患についての医療を受ける機会も失っており、健康管理の維持はとても難しい状態になっています。このような場合も在宅医療を考慮することが必要になってきます。
患者さんには治療を受ける必要性について理解してもらうことから始まりますが、まずは保健所や福祉事務所などに問い合わせ、保健師やケースワーカーなどと相談してください。
その後、医師やケアマネジャーなどを含めて在宅医療の進め方について話し合い、進めていきます。


医療費の目安

 在宅医療を始めるにあたって、それにかかる費用は重要な問題です。在宅医療にかかる費用は①医療機関への支払い、②薬局への支払い、③介護保険の自己負担分となります。在宅医療に必要な費用は、具体的な要介護度とケア内容によって異なってきますので、公的な医療保険を活用しながら、ケアマネジャーに相談するなどしてプランを作っていきます。

定期的な訪問診療にかかる費用の目安として

定期的な訪問診療にかかる費用の目安

検査や処置について特別な管理料を要する等の金額は異なる場合があります。また、介護保険の認定が有る方は「居宅療養管理指導」の費用として1ヶ月約580円が必要です。なお、薬剤費は別途かかります。

高額療養費制度

 健康保険の毎月の自己負担金が一定以上になった場合、払い戻しが受けられます。上限額は、年齢や所得、利用している健康保険の種類によっても異なりますので、詳しくは、健康保険証に記載された問い合わせ先(保険者)に確認してください。この払い戻しについては、自主的に申請することが必要です。


治療ケア方針

 在宅医療は、まず「治療ケア方針」をしっかり作成することから始まります。その「治療ケア方針」に沿って、患者さんに適した在宅医療が進められます。在宅医療を開始する際には、患者さんやご家族と医療関係者が一緒に導入面接を行い、患者さんやご家族の希望を取り入れながら、納得のできる治療ケアの方針を決めていきます。

<導入面接>
 導入面接では、患者さん自身の病歴や現在の身体の状態、生活状況などを医療関係者の方にしっかりと伝えてください。予め、病院から伝わっている患者さん情報もありますが、患者さんご自身やご家族が感じていることや、思っていることとは異なることもあります。導入面接でよく話し合って、お互い納得しておくことが、より良い治療ケア方針を考えていく上でとても大切です。また、介護認定などの在宅医療制度についての不明点などもこの場でしっかり確認しましょう。

<初回訪問診療>
 初めての訪問診療では、医師や看護師は在宅における患者さんの状態やご家族の状況を含めて把握し、診療の目標を決め、より最適な治療ケア方針を立てていきます。導入面接では把握しきれない事情も多いので、実際にどのようなところで患者さんが過ごしているかを確認できるのは、初回の訪問診療からになります。従って、医師や看護師には、ご自宅の住環境や生活状況などもしっかり確認してもらい、改善点などのアドバイスをもらってください。


住環境の整備について

 在宅医療の実施に際しては、患者さんのより生活しやすい住環境を整えることがとても大切です。
患者さんにとって家の中が負担の少ない動線になっているか、安全面に配慮されているかなど一度確認してみてください。例えば、玄関から屋外へのアプローチ、ベッドから食卓への移動の状況、トイレや浴室の構造などを見直すことで、患者さんのQOL向上やご家族への負担の軽減が期待できます。また、電動ベッド、ポータブルトイレ、車いす、手すり、杖などは患者さんのADL(日常生活動作)に合わせた補助器具を利用するようにしましょう。ベッドや車いすなどは介護保険の利用もできます。このような住環境の見直しについても、あつぎライフケアクリニックにご相談ください。